化粧水の効果と使うタイミング

化粧水は化粧品の中でも最初に使うものですが、その効果として肌の保湿をすることにあります。


そのため乾燥肌であれば保水力のあるヒアルロン酸やコラーゲン、ヒト型セラミドが配合されているタイプを選んだり、敏感肌であれば保水力のある成分の他に無添加のタイプを選ぶと良いでしょう。

一つ上の化粧水の効果についての情報ならこのサイトです。

化粧水を使うタイミングとして最も良いのはお風呂上りだとされていますが、より効果的にしたいのであれば入浴中だとされています。
入浴中は湯船に身体がつかっているため、血行が良い状態ですし毛穴もしっかりと開いているため、保湿成分が肌の奥までしっかりと浸透しやすい状態になっています。
お風呂上りに化粧水を使用する人もいるかもしれませんが、実際には着替えたり髪の毛を乾かしたりといろいろしている間に使用することを忘れてしまうこともありますし、肌が冷えてしまっては効果的に保湿成分を浸透させることは難しくもなるため、忘れないように浴室に置いておくことが実はおすすめな方法なのです。


肌にはもともと肌機能として紫外線やほこりのような外的要因から肌を守る機能があります。



しかし肌が乾燥すると肌機能が衰えやすくなり、また肌が乾燥することで新しい肌を作るターンオーバーの働きも衰えてしまいます。


そのため化粧水で肌を保湿する、ということはシンプルなことではありますが、肌の機能を効果的に働かせるためには重要なことなのです。



また化粧水の保湿効果を肌に閉じ込めるためにも、乳液やクリームを最後に塗ることで油分の膜を肌の表面に作ることを忘れないようにもしましょう。