意外と知らない化粧水の効果と役割

普段のスキンケアで当たり前のように使われている化粧水。
しかし、そもそも本当に必要なものなのでしょうか?今回はその効果と役割について改めてまとめてみました。
化粧水の本来の効果とは、「肌の保湿をし、角質層を整えること」です。

洗顔後の肌は、皮脂や汚れはもちろんのこと、肌の潤いに欠かせないセラミドやNMFといった成分まで落ちてしまい、乾燥状態にあります。

そのまま放置してしまうと、肌は乾燥し続け、毛穴が開きやすくなったり、肌荒れの原因となってしまいます。

特にオイリー肌の方は、肌が乾燥状態にあると、それを防ごうと過剰な皮脂が出るため、肌コンデイションが悪くなりやすいと言われています。


そこで、化粧水でしっかりと水分と保湿成分を補う必要があるのです。

水分補給ならば水ですればよいのでは?と思いがちですが、肌には油分が含まれているため、水だけでは弾かれてしまい、表面が濡れていても内部まで浸透することはありません。
化粧水の成分の約90%以上は水分ですが、残りの数%にグリセリンなどの保湿剤や皮膚を柔らかくするエモリエント剤、栄養剤など、肌にとって重要な様々な成分が含まれているのです。

化粧水の効果を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

また、肌を整えることで、後につかう美容液や乳液などを浸透しやすくするという効果も持ちあわせています。



化粧水は、洗顔後真っ先に使うスキンケアアイテムです。

その効果や役割を理解していなければ、せっかくの肌に良い美容成分が台無しになってしまうどころか、肌を傷つけてしまうこともあります。
健やかで美しい肌を守るためにも、一度その意味や役割を見直してみてはいかがでしょうか。